045-620-3905

アイワホーム

イベント & ブログ

硬質ウレタン断熱にお住まいの方からの感想

2012年12月18日 16:52   Category : 建築日記

 
先日、以前お引渡しした方で、
硬質ウレタン吹付の断熱材のお家にお住いのJさんから
メールが届きました。
 
その一部をお知らせします。
 
「お久しぶりです〓
家の断熱材ですが、暖かいですよ〓
前に岸さんが、どんなもんか教えて下さいって言われてたんでご報告です〓
やっぱ暖かい家は最高ですわ〓
」 と云う事です。
 
正直うらやましい限りです。
 
私の家は筑後20年になりますが、当時はそんな物はないどころか
断熱材の価値さえ評価されていない時代でした。
 
科学の進歩と共に車も住まいも格段の進歩を遂げてきました。
 
これから先どんな家が住まいとして評価されていくのか興味があることです。
 
見学会をする度に来場者から云われることですが、
業者によってこの商材が良い、またこんな商材はもっと良い。
と云う事で何が良いのか悪いのか頭が混乱するそうです。
 
確かに分かりにくいのが、住宅業界の悪しき伝統の様な気がします。
 
但し、言えることはその方にとって、
分相応で無理の無い返済が出来る住まいづくりに基準をおいて、
その中で優先順位を考えるべきではないかと思っています。

中からでも、外からでも押して開けるドア!

2012年12月11日 16:54   Category : 建築日記

 
車いすを使っている方は
ご自宅のトイレのドアはどんなドアですか?
 
引き戸の方が大半なのかと思いますが、結構スペースをとりますよね。
 
こちらが扱っていらっしゃるドアはなんと、
 
中からでも外からでも
押して開けるドアなんです。
 
冷蔵庫でどちらかでも開くドアがあり、
発売当時は非常に話題になりましたよね。
 
これを見たときの衝撃はそれ匹敵するものでした。
 
このドアですとスペースが限られていても大丈夫ですね。
 
 
詳しくは
 
⇒http://www.noda-co.jp/products/new_item/caresist.html

建築業界にはびこる悪?

2012年12月07日 16:56   Category : 建築日記

 
ここ数年の事ですが、特に最近目立ってきたことがあります。
 
何かと申しますと、住宅建築にまつわるノウハウ販売や
住宅フランチャイズ販売の勧誘案内です。
 
現時点は消費税増税前の駆け込み需要で、
住宅建築に関する業者は忙しいのが当たり前ですが、
1年~2年後にいよいよ消費税増税が行われた後は、
不動産や住宅建築業者が20%~30%消えて行くだろうと予想されます。
 
毎週週末になると不動産広告や住宅広告の新聞折り込みが多数入ります。
またフリーペーパーでも一番賑やかなのが住宅関係の広告です。
 
このように誰でも参入できる世界です。
 
私が知る限りでも、この20数年の間に、雨後の竹の子のように 
出ては消え出ては消えていく業者が数知れずと云ったところです。
 
今年は、特に2012年12月12日 12が3つ並ぶトリプルデイト最後の年です。
 
村山 節氏によるとこれからの1000年間の予告編が
この12年間に凝縮されていると云われています。
 
100年ごとのミニトリプルデイトもそうですが、
 
この12年間に起きた事件
 
①2001年の同時多発テロ 
 
②2004年スマトラ沖地震 
 
③2009年リーマンショック 
 
④2011年東日本の大震災
 
・・・
 
がこれからの100年、1000年の間の予告編になります。
 
来週いよいよ2012年12月12日を迎えますが、
これ以上は恐ろしいことは起きてほしくないですよね。

遅まきながら、弊社事務所のトイレリフォームです。

2012年11月23日 16:58   Category : 建築日記

 
上の写真は弊社の以前のトイレでした。
 
来られるお客様の子供さんが
「おしっこがしにくい。」
等のご意見が多く、
住宅を建ててる会社がお客様の満足条件も満たせないようでは
駄目だと思い、最近トイレリフォームを行いました。
 
以前のトイレは事務所では今でもよく見かけるトイレですが、
店舗や住宅ではもう過去の産物です。
 
大きな店舗へ行っても5台~6台の洋式トイレの内1台位
この和式トイレがある場合もあります。
 
でも、長所もあるんですよ。
 
何だと思いますか?
 
 
・・・・
 
かがんだ時に座るこの方法は足腰の鍛錬には良いんです。
 
・・・そんなことで鍛錬しなくてもいい。
・・と云ったご意見もあるでしょうが、
和の文化も捨てたもんではないです。
 
ちなみに下のトイレは、弊社のリフォーム後のトイレです。
 
えっ!値段を知りたいですか?
 
大したことないですよ。
 
床のタイルを斫って、
一段上がりのコンクリートも除けて、
配管をやりかえて、
 
新しい便器(シャワートイレ)を設置するまで、
約2日間の工期ですので、20万円もしませんから、
古いトイレの方は一度検討してはいかがでしょうか?

遮熱シートの効果

2012年09月05日 17:02   Category : 建築日記

 
弊社の現場を訪れるいろいろな方々から、
 
ここはどうしてこんなに涼しいのですか?
 
と云った声を頂戴いたします。
 
9月になり朝晩は涼しくなりましたが
日中はまだまだ暑い日が続きます。
 
そんな中で、大工さんは作業をしていますが、
その大工さんや他の職人さんからも驚きの声が聞こえてきます。
 
同じ働くのなら、作業環境の良い方が効率もアップしますし、
労働の疲労も違ってきます。
 
当然完成して住むご家族の方にも快適な生活が待っています。
 
左側の写真は、先日硬質ウレタン断熱材の現場吹付を行っている所です。
原材料は水ですので、環境にやさしく尚且つ効果は絶大です。
 
冬は暖かく、夏は遮熱+ウレタン断熱材でより一層涼しい生活を実感できます。
春や秋の時期が、今は非常に少なくなってきました、逆に言えば、
過ごしにくい国になってきました。
 
しかし、家に居る時間が永くなればなるほどより快適で、
楽しい暮らしを求めていきたいものです。

腰痛が直ったよ!

2012年07月05日 17:04   Category : 建築日記

 
昨日、某国営放送の番組で腹直筋を鍛えることにより、
腰痛やひざ関節痛が、改善されることを放送していましたが、
 
私も1か月前から今話題のロングブレスダイエットをし始めたのですが、
思わぬ副産物として 腰痛が直り 俳優の美木良介さんに感謝しております。
 
インナーマッスルを鍛えるって、普段のトレーニングやスポーツではできないので、
理解不能な現象ですが、理屈は兎も角として、
まずはやってみることだと改めて感じた今日この頃です。

耐震マットを付けていますか?

2012年05月28日 17:05   Category : 建築日記

 
昨夜のテレビ番組
「夢の扉」
をご覧になった方は、ご存じだと思いますが、
 
家具・家電に取り付ける耐震マットの開発に携わる
会社の社長の姿勢に感動を覚えました。
 
地震で亡くなるケースで、
家具・家電が飛んできてなくなる方が結構多いそうです。
 
現在いろいろな耐震マットがホームセンターで売られていますが、
テレビで取り上げた会社の耐震マットは
一味もふた味も違う接着力を示していました。
 
震度7強でも動かない優れものでした。
 
アート引越センターではこの耐震マットを取り付けて
セットするようですが、昨年の東日本の大震災では、
幼い子供さんがこの耐震マットのお蔭で助かったことで、
感謝の声も多かったようです。
 
いくら安い耐震マットでも効果が無ければ、
ただのゴム敷きでしかない分けですから、
効果を確かめて取り付けたいものです。

津波の影響はどうなの?

2012年04月23日 17:07   Category : 建築日記

 
昨日、見学会を開催しましたが、
 
現地が海岸の近くにあることもあり、
この辺りは津波が来たら、大変な状況になるんでしょうね。・・・
 
と云ったご意見やご感想をいただきました。
 
昨年の震災以来地震以外に津波の影響も考慮しないと
土地が売れなくなってきたのも悲しいことです。
 
下記に防災&環境工学研究所∗ 山本尚明氏が発表した
瀬戸内沿岸の津波の影響を記しておきますので、
一度参考にされてみてはいががでしょうか?
 
多くの方がマイナス要素をクローズアップして考えすぎるきらいがありますが、
冷静に検討しないと土地に対する見方、考え方を取り違えてしまうことになります。
 
また、新居浜市のホームページでも国領川が
氾濫時のハザードマップを作成していて、
その周辺のかたに大変な迷惑をかけているようです。
 
と云うのも前回平成16年時に大きな台風が3回来た時に
国領川が氾濫などしていないにも関わらず、
他の2本の川が氾濫して多くの街に水害をもたらしました。
 
しかし、今回の新居浜市のハザードマップでは
その2本の川による氾濫の街の地域は何のチェックも無く、
逆に一部の地域だけが水害が起きるようなマップは
片手落ちとしか言いようがありません。
 
多くの市民が市役所が発表しているからと信じてしまう誤解を避けてもらいたいものです。

最近の見学会で思うこと

2012年04月16日 17:10   Category : 建築日記

 
私は、家の選び方を、よく車選びに例えて話してます。
 
車ならだれでもわかるからです。
 
車は、家族構成や使用目的に応じて買いますよね。
 
 
「スポーツカーが欲しい」
 
と思っている人は、間違っても軽トラを売っている所に行きません。
 
また、乗用車やワンボックスカーも見に行きません。
 
やっぱりスポーツカーの専門店に行きますよね。
 
でも、農作業に使うのなら、スポーツカーでは用を足しません。
 
家族が大勢なら、ワンボックスカーが必要です。
 
 
同様に、家も自分の目的や価値観が決まってから業者の選択をすべきです。
 
しかし、何も決めずに手当たり次第、業者巡りをしているんです。
 
ハウスメーカーの家も、自然素材の家も、ローコストの家も一緒。
 
本来、比較検討できないのに、無理やり同じ土俵に乗せて比べています。
 
これでは、頭がこんがらがって当然です。
 
だから、あとで後悔する事になるんです。
 
 
ところで、あなたに質問があります。
 
新築して5年以内にリフォームする人の割合は、どれくらいだと思いますか?
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
1割~2割?
 
いいえ、小さいのも含めてですが、なんと9割!
 
 
なぜだと思います?
 
なぜ9割もの人がリフォームするんでしょう?
 
それは『住んでみないと分からない』からです。
 
住んでみて初めて問題点がわかるんです。
 
だから9割もの人が5年以内にリフォームするんですね。
 
 
逆に5年を過ぎると、もうそれに慣れてしまいます。
 
不便だけど我慢してしまうんですね。

冬の季節の陽当り

2012年03月01日 17:11   Category : 建築日記

 
添付の写真は、現在着工している現場の写真ですが、
基礎型枠のすぐそばまで南側建物の影が歩み寄っています。
 
この写真を撮影したのは2月中旬位ですので、
今日3月1日よりは太陽が低い位置で昇っていました。
 
お客様の土地探しで一番人気が、南側道路の土地を希望する方が多いのですが、
根拠は陽当りのようです。
 
夏の陽当りは欲しくないのですが、冬の陽当りは欲しいですよね。
この写真の土地は、南側道路ではありませんが、
この建物南端~南側隣接建物北端の距離が約8mありますので、
午前10時~11時の時間帯でも陽当り抜群です。
 
土地の形状も一般的に探している方は、旧型テレビの4:3か新型テレビの
16:9の横ワイドの土地を希望しますが、本当は縦長の土地の方がこのように
南側を気にすることなく建物配置をできる利点があります。
 
もっともいくら縦長の土地と云えども建物の幅が入らないようでは、論外ですよね。
 
土地探しは骨の折れる作業です。
良い土地を見つけるお手伝いをするのが私の使命とも言えます。

アイワホームの施工事例

資料請求