045-620-3905

アイワホーム

イベント & ブログ

月刊アイワホーム5月号/「造成前の土地を買うメリットとデメリット」と「新しく始まる家づくりの完成予想図を3つご紹介」の巻

2019年05月13日 18:30   Category : 月刊アイワホーム

当社のブログには、「農地転用」という言葉がひんぱんに出てきます。

今回はその理由について少し書いてみたいと思います。

 

土地を買って家を建てる場合、きれいに造成された分譲地を買う方法と

休耕地など造成されていない土地を買う方法があります。

それぞれのメリットとデメリットをまとめると次のようになります。

 

造成された土地を買うメリットとデメリット

■メリット

・すぐに建築工事を始められる

・その土地での家づくりがイメージしやすい

■デメリット

・土地の費用が高い(造成を行うディベロッパー(不動産会社)の儲けが土地代金に乗っかっている)

 

 

休耕地など造成されていない土地を買うメリットとデメリット

■メリット

・土地の費用が安い

■デメリット

・雑草だらけだったりするので、その土地での家づくりがイメージしづらい

・農地転用の手続きや造成工事が必要で、建築工事を始めるまでに4ヵ月ほど時間がかかる

 

 

造成されていない土地を買った場合も、後々土木会社を手配して、

造成工事を行う必要があるのですが、

その分の費用を合わせても、数百万円安くなることが少なくありません。

 

こういった理由からアイワホームでは、時間的な余裕があるお客さまには

造成されていない土地を紹介することが多く、

結果として農地転用の手続きを数多くこなすことになるというわけです。

 

ちなみに造成工事の手配はアイワホームが代わりに行うので、

お客様としては、特に何かの負担が増えることはありません。

ご安心ください。

 

例)昨年家づくりを行った大生院S様邸のケース

ビフォー/雑草だらけの造成前の土地

190501

 

アフター/きれいに造成した後の土地

190502

 

 

 

 

 

ただいま家づくり進行中!のコーナー

 

◎川東・S様邸(シンプルモダンの2階建て)

 

前回、断熱工事の様子をレポートしたS様邸。

工事は極めて順調に進み、大工工事も外壁工事もすでに完了しています。

これからクロス工事が始まり、6月中旬頃には完成の予定です。

 

GW最終日(5/6)のS様邸の外観。外壁のサイディングの施工が完了してます。

2019-05-06 12.34.55

 

 

太陽光発電パネルの設置も完了しています。

当社はQセルズの太陽光発電パネルをオススメしています。

ドイツ生まれのパネルで、晴れの日の発電効率は他のメーカーと大差ないですが、

曇りの日(低照度時)の発電効率が段違いに良いです。

2019-05-06 13.22.20

 

 

家の中の様子です。クロス工事を待つばかりです。

2019-05-06 12.46.39

 

 

 

 

 

◎船木・O様邸(平屋建て)

 

前回、上棟の様子を紹介したO様邸。

こちらも6月中旬の完成に向けて、順調に工事が進んでいます。

 

外壁のサイディングが貼り終わっています。

IMG_4153

 

 

室内の様子。

このブログを書いている5月13日の時点で、すでに大工工事は終わってますが、

この写真は大工工事完了直前の写真です。これから扉などの建具を入れていきます。

IMG_4105

 

 

 

 

 

◎元船木・U様邸(平屋建て)

 

5月15日に上棟を予定しています。来月号で上棟の様子をレポートしたいと思います。

 

 

 

◎庄内町・T様邸(平屋建て)

 

GW前に無事に農地転用の許可が下り、造成工事が始まりました。

IMG_4184

 

 

上の写真の土地に、こんなステキな平屋が建つ予定です。

02

 

 

 

 

◎中村・M様邸(ラ・クーヤBD)

 

前回地鎮祭の様子を紹介したM様邸の家づくり。現在基礎工事が進んでいます。

 

下の写真は4月8日のM様邸の様子です。

基礎をつくる前に、地面を少し掘って(根切りと言います)、

その上から砕石を入れているところです。基礎の基礎作りの段階です。

IMG_4046

 

 

4月20日。基礎の配筋がしっかり組み上がりました。

IMG_4089

 

 

4月25日。型枠の設置が完了し、配筋検査を受けているところです。

検査は無事合格し、この後、コンクリートの打設を行います。

IMG_4100

 

IMG_4101

 

 

GW最終日の5月6日。型枠を外して、M様邸の基礎完成です。

2019-05-06 13.56.15

 

 

 

 

◎下泉町・Y様邸(ラ・クーヤTRF)

 

前回、白い外観の完成予想図を紹介したラ・クーヤTRFのY様邸ですが、

その後の打ち合わせで外観は黒に変更になりました。

なので、真の完成予想図を載せておきます。

paas1

 

 

これで建物プランは完成、さあ工事!という具合にはいきません。

Y様邸は農地を購入しての家づくりなので、

これから測量、農地転用、造成を経て、9月以降に建築工事が始まる予定。

完成は来年になります。

 

 

 

 

◎川東・I様邸(回遊型動線のキューブハウス)

 

I様邸の家づくりも始まりました。I様ご家族は小さな赤ちゃんのいる子育て世代で、

2月に開催した予約制の完成見学会にいらっしゃったお客様です。

 

完成予想図が出来上がりましたので、紹介しておきます。

paas02

 

 

玄関からリビングを通らずに直接洗面所に行ける&キッチンから直接洗面所に行ける

回遊型動線、18帖以上の広々LDK、ペニンシュラキッチン、

1階に大きなウォークインクローゼット、ご主人の書斎など

数多くのご要望を叶えた家で、今から完成が楽しみです。

 

とはいえ、I様邸も農地転用から始まる家づくりですので、

これから測量、農地転用、造成、基礎工事という具合に工事は進み、

完成は来年の2月か3月になる予定です。

 

 

 

 

◎松の木・Ş様邸(シンプルモダンの2階建て住宅)

S様邸の家づくりも始まりました。

S様も上のI様と同じで2月に開催した予約制の完成見学会にいらっしゃったお客様です。

こちらも完成予想図が出来上がりましたので紹介しておきます。

工事は7月から始まる予定です。

paas3

 

 

S様邸の建築予定地です。

土地をお探しでしたので、アイワホームがご紹介しました。

2019-03-17 12.03.06-1

 

 

 

 

◎西の土居・J様邸(解体・測量・造成工事)

 

J様邸の工事も順調に進んでいます。建物の解体が終わり、造成工事が始まっています。

 

解体完了(4/8)

IMG_4039

 

造成工事進行中(4/30)IMG_4138

 

 

 

 

 

 

アイワホームの近況コーナー

 

◎岸の近況報告

 

GW中に、かなり前から気になっていた本を読みました。

中村天風という人が書いた「運命を拓く」です。

 

中村天風という人は、帝国陸軍の諜報員として死線をくぐり抜けた後、

インドでヨガの修行をし、帰国後は新聞社の記者から銀行の頭取になり、

最後は心身統一法を実践する天風会という団体を立ち上げるという、

とんでもない経歴の人物です。

 

松下幸之助氏や稲盛和夫氏が彼の書いた本を愛読していたということで、前々から

気になっていたのですが、「つらい時、苦しい時に読む本」というイメージがあり、

なかなか読む気にならなかったのです。

 

ところが今回、大リーグで二刀流に挑戦中の大谷翔平氏も愛読していると知って、

意を決して読んでみたのです。

「天命」と「宿命」のくだりなど、なかなかおもしろかったです。

 

IMG_4160

 

 

 

 

◎髙瀨の近況報告

 

GW中、西条市の観音堂の藤を見に行ってきました。

樹齢400年ということなので、関ケ原の戦いの頃に植えられた藤です。

とてもきれいでした。

35114

 

 

 

(続く)

 

 

月刊アイワホーム4月号/「お引き渡しラッシュ」と「もう一棟ラ・クーヤの家づくりが始まります!」のお話

2019年04月12日 17:39   Category : 月刊アイワホーム

アイワホームの事務所の片隅には、

ゴジラとキングギドラとモスラの模型が飾ってあります。

なぜか?私(岸)が、怪獣映画が大好きだからです(笑)

 

大の大人が怪獣映画なんて…と思うかもしれないですが、

実は怪獣好きの大人は意外に多くて、

事務所に来る職人さんや業者さんと怪獣話で盛り上がることも少なくありません。

 

今とても楽しみなのが、

5月に公開される映画『ゴジラ2: キング・オブ・ザ・モンスターズ』です。

2014年に公開されたハリウッド版ゴジラの続編です。

 

YouTubeで予告編が公開されているのですが、

キングギドラ、モスラ、ラドンなど、まさに怪獣大戦争状態で、

今からドキドキワクワクが止まりせん。

 

怪獣映画好きの人もそうでない人も、とにかく予告編だけでも見てください。

着ぐるみではとうてい表現できない、

生々しくリアルな怪獣たちの動きに大感動するはずです!(多分)

 

 

 

 

 

 

ただいま家づくり進行中!のコーナー

 

 

◎角野・T様邸(完全分離型の二世帯住宅)

 

3月末から4月初旬にかけて立て続けに3棟の引き渡しがありました。

第一弾は角野のT様邸。3月26日に無事お引き渡しが完了しました。

 

下の写真は引き渡し前のT様邸です。

 

P1000127

 

2階のLDK。明るい色のアクセントウォールが春らしくてステキです!

P1000152

 

 

 

 

◎中村・K様邸(シンプルモダンの2階建て)

 

連続お引き渡しの第二弾は、K様邸。4月9日にお引き渡しを行いました。

下の写真は引き渡し1週間前のK様邸。

家ができあがり、仕上げのエクステリアの工事をしているところです。

 

南側

P1000222_

 

北側

P1000220

 

 

 

 

◎角野・F様邸(プロヴァンスデザインの注文住宅)

 

連続お引き渡しの最後を飾るのはF様邸です。

こちらは4月16日に引き渡しを予定しています。

 

下の写真は、F様ご家族のお引っ越しを、まだかまだかと待ちわびる3月31日のF様邸。

まもなく新しい暮らしが始まります。

 

02

 

(おまけ)

F様邸のベランダから公園の桜を見たところ、

どこかの団体さんが花見をしていました。桜がきれいです。

2019-03-31 11.39.01-1

 

 

 

 

◎川東・S様邸(シンプルモダンの2階建て)

 

前回、上棟の様子をレポートしたS様邸。工事は順調に進んでいます。

 

下の写真は3月15日のS様邸です。家のまわりの銀色のシートは、

アクアシルバーウォールダブルという遮熱と防水と透湿の機能を持つシートです。

シートの表裏両面にアルミ蒸着が施されていて、太陽からの輻射熱を遮断してくれるので、

一般的な防水透湿シートと比べると、夏場のエアコンの効きが違います。

2019-03-15 10.31.34_

 

 

建物の中では、現場発泡のウレタン吹付の断熱工事が行われています。

下の写真を見てください。

トラックの中に黄色のドラム缶と赤いドラム缶があります。

 

片方がイソシアネートという薬剤で、もう片方が水を含むポリオールという薬剤です。

2つを混ぜると炭酸ガスが発生して、

その炭酸ガスを発泡剤としてウレタン断熱材を壁内に吹き付けていくのです。

2019-03-22 13.52.56

 

吹き付け完了後の様子です。すき間なく断熱材が充填されました。

2019-03-22 13.55.12

 

 

 

 

◎船木・O様邸(平屋建て)

 

前回基礎工事の様子をレポートしたO様邸。

今月号では、3月16日に行った上棟の様子を紹介していきます。

 

7時45分。すでに土台と柱の組み立てが完了しています。

2019-03-16 07.45.46-1

 

11時21分の写真です。天井部分にアルミの遮熱シートが貼り終わりました。

2019-03-16 11.21.41

 

16時5分。屋根が完成し上棟完了です。平屋建てなので、上棟が終わるのも早いです。

2019-03-16 17.41.50

 

下の写真は上棟から1週間後のO様邸。

遮熱・防水・透湿シートの施工が終わりました。

上のS様邸のところでも紹介したアクアシルバーウォールダブルで施工しています。

2019-03-23 09.54.03

 

3月25日。構造体の検査も無事に終わりました。

下の写真は天井の火打梁(ひうちばり)の写真を撮っている検査員さんです。

2019-03-25 10.07.18

 

 

 

 

◎元船木・U様邸(平屋建て)

 

前回配筋検査の様子を紹介したU様邸ですが、現在は基礎が完成した状態です。

現地WEBカメラの画像なので、少し不鮮明ですがお許しください。

1554108873.182691

 

 

 

 

◎庄内町・T様邸(平屋建て)

 

3月15日に農地転用の申請を行ったT様邸の家づくり。

GW前に許可が下りる予定です。建築現場が動くのは、GW明けになります。

 

 

 

◎中村・M様邸(ラ・クーヤBD)

 

スキップ構造の多層階住宅「ラ・クーヤ」を建築するM様邸では、先日地鎮祭を行いました。

P1000221

 

 

話は少しそれますが、間仕切りの少ないスキップ構造のラ・クーヤは、

暖房や冷房効率が悪く、冬寒かったり、夏暑かったりするのでは?

という質問をいただくことがあります。

 

結論から言うと、そういった心配はまったくありません。

ウレタン吹き付け断熱や遮熱シートを使うアイワホームの家は、

断熱性能が高く、夏涼しく冬暖かいのが特徴です。

 

実際、M様が当社に決められたのも、施工例として船木のA様邸にご案内した際に、

冬なのに1階のエアコンだけで家中暖かかったことが決め手になったそうです。

アイワホームの家は暑さ寒さについては心配無用ですので、ご安心ください。

 

冬なのに1階のエアコンだけで家中が暖かいA様邸(昨年の9月に完成したお宅です)

2018-09-01 10.03.40

 

 

 

 

◎下泉町・Y様邸(ラ・クーヤTRF)

 

もう一棟、ラ・クーヤの家づくりが始まりました。

TRFは半地下のタタミルームがあるタイプです。

工事はこれからなので、今回は完成予定図を紹介しておきます。

 

page-0001

 

 

 

 

◎西の土居・J様邸(解体・測量・造成工事)

 

J様邸は新築工事ではなくて、解体工事と測量と造成工事をご依頼いただいたお客さまです。

そういう仕事もやってます!という意味で紹介させていただきました。

 

解体前のJ様邸

2019-02-25 16.50.18

 

解体途中のJ様邸

2019-04-02 11.51.38

 

 

 

 

 

アイワホームの近況コーナー

 

◎岸の近況報告

 

NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の「まんぷく」が終わり、

広瀬すず主演の「なつぞら」が始まりました。

実は「まんぷく」放送中は、どうしてもチキンラーメンを食べたくなり、

何十年かぶりに買って食べました。

 

「なつぞら」は記念すべき第100作目だそうですが、実は今回から朝ドラを見ないことに決めました。

最近の朝ドラはどれも面白いのですが、

見始めると「見ないといけない」という義務感が芽生え、

だんだんとストレスに感じるようになってきたのです。

その間、新聞を読んだり、メールをチェックしたりする時間にあてることにしました。

 

というわけで、「なつぞら」は一度も見ていません。

今後も朝ドラを見ることはないと思いますが、

先日放送された「ひよっこ2」は面白かったので、

「ひよっこ3」が放送されたら、それだけは見ようと思います。

 

slider2-01

 

 

◎髙瀨の近況報告

 

3棟連続でお引き渡しがあったので、

お客様と一緒に転居手続きに行ったり、住宅ローンの書類関係で銀行に行ったり、

引き渡しの準備で取扱い説明書や保証書をファイルしたりと

慌ただしい毎日を過ごしています。

 

この後、お引き渡しはしばらくないので、

M様邸のインテリアなど、腰をすえて取り掛かりたいと思います。

 

 

 

 

(続く)

 

 

月刊アイワホーム3月号/「完全分離型二世帯住宅が完成!」と「スキップ構造の家づくりが始まります!」のお話

2019年03月15日 22:14   Category : 月刊アイワホーム

先日、テレビのニュース番組で

「少し前のドライブレコーダーは自動で上書きする機能がない。

録画したデータがいっぱいになったら、それ以降は録画できていないので要注意!」

という話題を取り上げていました。

 

そんなバカな!

玄関のテレビドアホンは10年以上も前から上書き機能があるのに!

と思いつつ、ホンダのディーラーに行って確認したところ、

2年前に買った自分の車のドライブレコーダーも去年の3月以降、

約1年間録画されていませんでした。

 

いざという時のためのドライブレコーダーですが、

実際に事故が起こった時に役に立たないケースが多いようです。

みなさんも気を付けてください。

 

データがいっぱいになった際の対応方法は、

ドライブレコーダーの機種によって異なるようです。

気になる方は、取扱説明書を読むか、詳しい専門家にご相談ください。

 

 

 

 

ただいま家づくり進行中!のコーナー

 

 

◎角野・F様邸(プロヴァンスデザインの注文住宅)

 

4月の引き渡しを前に、家の外回りはテラス屋根の設置も含めて、ほぼ完了しています。

かわいらしいプロヴァンスデザインのF様邸です。

 

2019-02-26 15.15.01

 

 

家の中は、クロスの施工を残すのみ。あともう少し、頑張ります!

 

2019-02-26 15.27.55

 

 

 

 

 

◎川東・M様邸(モノトーンの2階建て)

 

昨年の8月から始まったM様邸の家づくり。

3月5日に無事、引き渡しが終わりました!パチパチパチ!

以下、引き渡しの直前に撮影したM様邸の写真を紹介しておきます。

 

シックな雰囲気のM様邸のLDKです。

石板柄のアクセントウォールと天井の化粧梁(けしょうばり)が落ち着いた印象です。

 

2019-02-08 08.06.50

 

 

タカラスタンダードのシステムキッチンです。

 

2019-02-08 08.06.53-1

 

 

1階の主寝室です。こちらも壁の一面をアクセントウォールにしています。

 

2019-02-08 08.08.37

 

 

M様の外観です。これから外構工事が始まります。

 

2019-02-08 08.16.42

 

 

 

 

◎角野・T様邸(完全分離型の二世帯住宅)

 

T様邸も3月26日の引き渡しに向けて、ラストスパートに入っています。

T様邸の他に、上で紹介している角野のF様邸と川東のM様邸、

次に紹介する中村のK様邸と、3月・4月はなかなかの引き渡しラッシュです。

 

話は変わりますが、T様邸では、

3月23日(土)と24日(日)に予約制の完成見学会を予定しています。

二世帯住宅に興味のある方も、そうでない方もぜひご来場ください。

ご予約はお電話(0897-34-1600)で受け付けております。

 

下の写真は、2月26日に撮ったT様邸の外観です。

ほぼ真四角なキュービックスタイルの住宅です。

2階の窓の下あたりから突き出ているのはアルミバルコニーの支持ブラケットです。

 

2019-02-26 16.05.39

 

 

玄関エントランスです。

T様邸は完全分離型の二世帯住宅なので、玄関ドアもちゃんと2つあります。

玄関を入るとそれぞれの世帯の玄関ホールがあるのですが、

そこにドアがあり、

そのドアを通って、行き来できるようになっています。

 

2019-02-26 15.59.57

 

 

完全分離といいながら、二世帯をつなぐドアがあるのにはちゃんと理由があり、

これがないとアパートとみなされて、

住宅ローンが借りれなかったり(金利の高い事業用ローンの対象になってしまいます)、

固定資産税がドーンが上がったりするのです。

それに万が一の急病の時など、やはり二世帯をつなぐドアが1枚あると安心です。

 

続いて、2階の子世帯のダイニングです。

オレンジのアクセントウォールがステキです。

 

2019-02-26 16.02.01-1

 

 

1階の親世帯のダイニングにはレモンイエローのアクセントウォール。

これも明るい印象でステキです。

 

P1000135

 

 

ほんの少し時計の針を進めて、3月12日の外観です。バルコニーが設置されました。

 

P1000127

 

 

 

 

 

◎中村・K様邸(シンプルモダンの2階建て)

 

K様邸の引き渡しも4月9日に控えています。引き渡しを前に、外回りはほぼ完成し、

家の中は住宅設備の設置工事とクロス工事を残すのみという状況です。

 

夕暮れのK様邸(2月26日撮影)

 

2019-02-26 16.33.53

 

 

石膏ボードがきれいに貼られ、クロス工事を待つK様邸のリビング。

洗面化粧台が搬入されています。

 

2019-02-26 16.34.41

 

 

2階の寝室も静かにクロス工事を待っています。

 

2019-02-26 16.37.31-1

 

 

 

 

◎川東・S様邸(シンプルモダンの2階建て)

 

前回基礎工事の様子を紹介したS様邸。

3月5日に上棟を行いましたので、その様子を紹介します。

 

下の写真は上棟の数日前の写真です。基礎の上に土台を組みました。

奥に見える青いボードが床下に入れる断熱材です。

 

2019-02-26 17.15.32

 

 

上の写真を見て、あれ?基礎が少し高いかも?と思われた方は、

建築のプロか、そうでないとしたら天才です。

S様邸のある地域は平成16年の台風で浸水した地域ですので、

基礎の高さを通常より20センチ高い60センチにしています。

 

それでは上棟日の写真を紹介していきましょう!

まずは3月5日8時1分の写真。すでに1階の柱はあらかた組み上がっています。

 

IMG_3754

 

 

9時47分。2階の床ができあがりました。

 

IMG_3756

 

 

13時32分。

2階の天井が完成し、その上にアルミの遮熱シートを貼っているところです。

太陽の輻射熱を反射するので、夏、涼しい家ができあがります。

 

IMG_3770

 

 

14時49分。

屋根を支える小屋束(こやづか)、母屋(もや)、垂木(たるき)まで組み上がりました。

家の形になってきました。もう一息です。

 

IMG_3776

 

 

15時52分。

屋根の下地になる野地板(のじいた)まで完了。

この後、野地板の上にアスファルトルーフィングという屋根用の防水シートを貼り終えると

上棟の完了となります。春になり、日が長くなってきたので助かります。

 

IMG_3781

 

 

 

 

 

◎船木・O様邸(平屋建て)

 

O様邸では、建物の基礎がきれいに出来上がりました!

アンカーボルトが林立するアイワホーム自慢の地震に強い基礎です。

ちなみにアンカーボルトとは、建物の基礎と土台をガッチリ緊結するための金具です。

 

2019-02-26 16.16.41

 

 

別の角度の写真も載せておきます。

こちらの方がアンカーボルトの林立具合がよくわかります。

奥の職人さんは境界のブロックを作っています。

 

2019-02-26 16.17.24

 

 

配管工事も順調に完了しています。ピンクがお湯用で、水色が水用です。

2019-02-26 16.19.42

 

 

 

 

◎元船木・U様邸(平屋建て)

 

前回、造成工事の様子を紹介したU様邸。

2月24日に地鎮祭を執り行いました。

 

2019-02-24 13.08.56

 

 

その後、基礎工事が進行し、下の写真は3月4日に行った配筋検査の写真です。

 

P1140625_

 

P1140626_

 

 

 

 

 

◎庄内町・T様邸(平屋建て)

 

3月15日に農地転用の申請を行いました。1か月半後の4月30日に許可が下りる予定です。

 

 

 

 

◎中村・M様邸(ラ・クーヤBD)

 

最近は平屋の家づくりが多かったのですが、ひさしぶりにラ・クーヤBDの家づくりが始まりました。スキップ構造の多層階住宅です。

 

4月に基礎工事が始まり、5月に上棟の予定です。

工事はこれからで、現在間取りなどのプランニング中です。

外観パースができあがりつつあるので紹介しておきます。

paas

 

 

 

 

アイワホームの近況コーナー

 

◎岸の近況報告

 

忙しい毎日を過ごしているのですが、なんとか時間を作って、週2回の筋トレを続けています。

それと、1月中旬から断酒も始めました。

まわりの同年代の仲間から、体調を崩したという話を聞くことが増え、

これは本格的に健康に気を付けないといけないな、と思ったのがきっかけです。

 

断酒を始めて1ヵ月で体重が63.2㎏から60.6㎏に減り、体はすこぶる快調です。

血圧も150-120ぐらいだったのが、120-80ぐらいに下がりました。

 

5年前に糖質制限でダイエットをしたときは、体重は減りましたが、逆に体は重かったです。

みなさんも断酒、おすすめですよ。

 

YouTubeでこんな動画を見て、モチベーションを駆り立てています。

【禁酒・断酒実現プロデューサー】小太郎

 

 

 

 

◎髙瀨の近況報告

 

たくさんの現場が動いているので慌ただしい日々を過ごしています。

お客様といっしょにショールームに出掛けたり、お引き渡しの準備をしたり、

見学会の準備をしたり、地鎮祭の準備をしたり…。

 

仕事とはまったく関係のない話ですが、19年ぶりに車を買い替えました。

トヨタのビスタからスズキのソリオへの乗り換えです。

目線が高くなって、乗りやすいです。

 

 

img05

 

 

 

(続く)

 

 

月刊アイワホーム2月号/「またまた平屋の家づくりが始まりました!」と「バケツヒーターのありがたみ」のお話

2019年02月12日 11:53   Category : 月刊アイワホーム

立春が過ぎ、暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。

みなさんも体調には気を付けてください。

 

さて、寒い寒い冬の間、現場で大活躍するのが投げ込み(バケツ)ヒーターです。

温度調整もできる優れもので、

これがあると、いつでも暖かい飲み物を飲むことができます。

(アマゾンで7000円ぐらいで売っています)

 

IMG_2925_

 

 

建築中の家の中は、どんなに寒くても暖房器具を使えないので、

暖かい缶コーヒーはまさに生命維持装置のような存在です。

 

缶コーヒーは大工や職人さんが自分で買ってくることもありますが、

基本的には会社から買って現場に差し入れます。

 

冬の間、彼らは毎日何本も缶コーヒーを飲むので、味にうるさくて大変です。

以前、業務用スーパーで買った安い缶コーヒーをバケツに入れておいたら、

夕方まるごと残っていました。

缶コーヒーのメーカーの人は彼らにアンケートを取ると

いいマーケティングのデータが手に入ると思います。

 

 

 

ただいま家づくり進行中!のコーナー

 

◎角野・F様邸(プロヴァンスデザインの注文住宅)

 

外壁工事がほぼ完了し、足場も外れました。

(逆光の写真で申し訳ないです。)

 

IMG_3353

 

 

家の中はこんな具合。残すはクロス工事のみ、というところまで来ています。

3月下旬、完成予定です。

 

IMG_3357_

 

 

 

 

◎川東・M様邸(モノトーンの2階建て)

 

太陽光発電パネルの設置が終わり、足場も外れ、まもなく引き渡しとなります。

 

2019-01-27 14.23.26

 

 

下の写真はM様邸の太陽光発電パネルを下から撮った写真です。

 

2019-01-27 15.22.46

 

 

アイワホームでは、挟み金具という取り付け器具を使って、

屋根に穴を開けない方法でパネルを設置しています。

 

屋根に穴を開けて、その穴にコーキング(防水)処理をしてから

太陽光パネルを設置する方法を採用している会社が多いですが、

コーキングが劣化して雨漏りする事故が多発しています。

 

太陽光発電を採用する場合は、ハウスメーカー・工務店選びの際に、

どのような取り付け方をしているか、ねんのため確認するのが良いでしょう。

あと、リフォーム会社に依頼して後付けする場合は、特に注意が必要です。

 

 

 

 

◎角野・T様邸(完全分離型の二世帯住宅)

 

前回、上棟の様子をレポートしたT様邸ですが、

工事は順調に進み、外壁工事が完了しました。

 

IMG_3340

 

 

同じ日の室内です。階段の取り付け工事がこれから行われます。

 

IMG_3345

 

 

 

 

◎中村・K様邸(シンプルモダンの2階建て)

 

上のT様邸と同様、前回上棟の様子をレポートしたK様邸です。

こちらも外壁工事が順調に進んでいます。

 

2019-02-02 10.52.14

 

 

家の中はこんな具合です。

いつ見ても当社の大工の養生はきれいで感心(安心)します。

(経験上、養生のきれいな大工は腕も良いです)

 

IMG_3351

 

 

 

 

◎川東・S様邸(シンプルモダンの2階建て)

 

前回配筋検査の様子を紹介したS様邸ですが、

無事に基礎工事が終わり、配管工事が進んでいます。

ピンクの管がお湯用、水色のお湯が水用。サヤ管ヘッダー工法です。

 

IMG_3339

 

 

寒い時期なので、基礎コンクリートの養生期間を多めに取り、

3月初旬に上棟を予定しています。

 

 

 

◎船木・O様邸(平屋建て)

 

前回地鎮祭の写真を掲載したO様邸。順調に基礎工事が進行中です。

 

下の写真は基礎の立ち上がり部分にコンクリートを流し込んでいるところです。

平屋建てのO様邸の基礎は東西に長く、道路に止めたミキサー車からの距離も遠いので、

生コンバケットという巨大なロウト(漏斗)みたいな道具で、

コンクリートを流し込んでいきます。

 

IMG_3329

 

 

下は、コンクリートの流し込み完了!の写真です。

 

黄色の四角で囲っている金具は、基礎と建物土台を緊結するアンカーボルトです。

一般的に180センチ間隔で設置しておけば問題なしとされていますが、

アイワホームでは90センチ間隔で入れるようにしています。

基礎と建物の土台をガッチリ固定することで、地震に強い家になります。

 

IMG_3332_1

 

 

 

 

◎元船木・U様邸(平屋建て)

 

昨年、農地転用の許可が下りたU様邸。ようやく造成工事が始まりました。

下の写真は1月20日の造成工事の様子です。

 

2019-01-20 12.39.50

 

 

上の写真から2週間後、2月4日のU様邸。きれいに造成工事が完了しました。

2月下旬に地鎮祭を執り行う予定です。

 

IMG_3333

 

 

 

 

◎庄内町・T様邸(平屋建て)

 

T様邸の家づくりも始まりました。

始まったと言っても、上で紹介しているU様邸と同様に、

農地転用からはじまる家づくりなので、完成は今年の秋になります。

 

せっかくなので、農地転用からはじまる家づくりの流れを

T様邸を例に簡単に整理しておきます。

 

1.境界立会

2.全体測量

3.分筆(2/末)

4.農地転用申請(3/15〆切)

5.農地転用の許可(4/末)

6.造成工事(5/末完成)

7.建物着工(6/上旬)

8.上棟(7/上旬)

 

おおよそ1年がかりのプロジェクトになります。

 

さて、下の写真は1月29日に行った境界立会の様子です。

土地家屋調査士と土地改良区の職員、それとT様のご親族で、土地の境界線を確認しています。

 

2019-01-29 10.42.27-1

 

 

T様邸の外観パースを紹介します。南側にウッドデッキがある明るい平屋です。

最近は本当に平屋が増えてきました。

 

02

 

01

 

 

 

 

アイワホームの近況コーナー

 

◎岸の近況報告

 

最近、納豆に酢をかけて食べる「酢納豆」を紹介するテレビ番組や雑誌の記事をよく見かけます。「今ごろ特集するの?遅いなー!」なんて、言ってあげたい気分です。

 

というのも、3年前から毎晩「黒酢納豆」を食べているからです。

おかげで、150/120だった血圧が、今では120/80まで下がりました。

 

人によって効く効かないはもちろんあると思いますが、「黒酢納豆」はおすすめです。

キムチをトッピングして「黒酢キムチ納豆」にするのが個人的に気に入っています。

 

5862_1

 

 

 

 

◎髙瀨の近況報告

 

社長は、猛烈に忙しい様子ですが、

私はインテリア関係の打ち合わせも一段落して、ちょっと余裕のある状態です。

 

そんな中、先月末に松神子のK様邸の一年点検に行ってきました。

いつものように私と大工とクロス職人さんの三人組で伺ったのですが、

特に大きな問題もなく、和気あいあいとした点検となりました。

 

下の写真は、一年前の引き渡し当日のK様邸。

一年なんてあっという間ですね。

 

IMG_0479

 

 

 

(続く)

 

 

月刊アイワホーム1月号/ 「まもりすまい保険から優良事業者の認定証をもらいました!」と「WEBカメラは便利です!」というお話

2019年01月16日 13:30   Category : 月刊アイワホーム

昨年末のお話ですが、住宅瑕疵(かし)担保責任保険の「まもりすまい保険」から

10年間無事故無違反ということで優良事業者の認定証をいただきました。

 

瑕疵(かし)担保責任保険というのは、建築会社が入る保険で、

建てた家に雨漏りなどの大きな欠陥があった場合、その補修費用が支払われます。

 

10年間雨漏りなどの欠陥がなく、保険金を請求することがなかったので、

優良事業者と認定されたようです。

これからも丁寧な家づくりを続けていきたいと思います!

 

IMG_3011

 

 

さて、年末年始の長い休みが終わりましたが、家を建てる立場からすると、

年末年始やお盆の長い休みは、建築中の現場をしばらく放っておくことになるので、

あまりうれしいものではありません。

 

めったにないことと思いつつも、放火や泥棒が心配で、

昔はお正月の間も、一日おきに車で巡回したりしていました。

今は各現場にWEBカメラを設置してあるので、休みの日に巡回することはなくなりました。

 

下の画像は、事務所のパソコンに表示される各現場のWEBカメラの映像です。

現在6棟の家づくりが進行していますが、すべての現場にWEBカメラを設置しています。

 

見守る君

 

視える君

 

 

WEBカメラも進化していて、昔は現場の映像をリアルタイムで映すだけだったのが、

今は車に搭載するドライブレコーダーと同じように録画機能がついています。

何か問題があった場合、1週間ほど巻き戻して確認できるので、とても安心です。

 

 

 

 

ただいま家づくり進行中!のコーナー

 

◎角野・F様邸(プロヴァンスデザインの注文住宅)

 

外壁にサイディング材が貼り終わり、

プロヴァンス風のかわいらしい外観ができ上がってきました。

 

外壁に貼られた水色のテープは、外壁シール工事の養生用テープです。

これからサイディングの継ぎ目にシーリングをしていきます。

 

IMG_3087

 

 

 

 

 

◎川東・M様邸(モノトーンの2階建て)

 

大工工事が完了し、現在はキッチンや洗面台など住宅設備の設置工事を進めています。

下の写真は設置完了したトイレです。

 

IMG_3069

 

 

外観については、先月からほとんど変わりありません。

通常はすでに足場を外しているタイミングですが、

太陽光発電パネルの設置工事がまだなので、足場を残したままにしています。

 

2018-12-16 09.20.25-1

 

 

 

 

◎角野・T様邸(完全分離型の二世帯住宅)

 

下の写真は昨年の12月10日に撮影したものです。この日、上棟を行いました。

2018-12-10 15.34.13

 

 

それから約1ヵ月経った、今月5日のT様邸です。

防水・透湿シートの施工が完了して、胴縁という外壁の下地材を施工しているところです。

IMG_3073

 

 

同じ日の家の中です。

IMG_3075

 

写真の右上に2つ突き出ているグレーのパイプはトイレと浴室の換気用ダクトです。

このダクトにジャバラのダクトを継いで、家の外まで持っていきます。

 

T様邸のトイレと浴室は、親世帯の方も子世帯の方も、

間取りの関係で、外壁に接していません。

それゆえ、換気用ダクトを天井の上でぐるっと取り回す必要があるのです。

 

浴室やトイレを家の内側の外壁と接しない場所に置くのは、

分譲マンションでよくあるプランです。

窓がないので、カビの心配をされる方もいますが、

実は窓を開けずに換気扇を回すだけの方が、カビは生えないのです。

 

 

 

 

◎中村・K様邸(シンプルモダンの2階建て)

 

K様邸も昨年の12月18日に上棟を行いました。

 

下の写真は、上棟日の7時57分の写真です。

日が落ちるのが早い冬期は夜が明けるとすぐに棟上げを始めるので、

8時前の時点ですでに1階部分があらかた終わっています。

 

2018-12-18 07.57.52

 

11時ちょうどの写真です。2階の天井まで組み上がりました。

2018-12-18 11.00.11

 

同じ時刻、下から撮影した写真です。

天気の良い日の上棟は何度やっても気持ちの良いものです。

2018-12-18 11.11.07

 

13時6分。アルミの遮熱シートもきれいに貼り終え・・・

2018-12-18 13.06.23

 

13時57分。屋根を支える垂木(たるき)の作業が終わりました。

2018-12-18 13.57.09

 

 

ぐーんと時計を早送りして、上棟日から6日後のK様邸の様子です。

この日は、電気配線と給排水の現地打ち合わせを行いました。

 

写真手前、背を向けているのがK様ご夫妻で、右端が髙瀨、

ファイルを手になにやら説明しているのが電気工事屋さんで、

その横の男性が水道工事屋さんです。

 

2018-12-24 10.07.41-1

 

お客様の立会いのもと、給排水関係で言うと、洗濯機用の蛇口や排水口の位置、

立水栓の位置、水道メーターの位置などを再確認していきます。

 

電気関係では、各部屋のコンセントの位置や数、スイッチの場所、

照明の位置、外部コンセントの位置、

センサーライトは必要かどうかなどをひとつひとつ確認していきます。

快適に暮らせるかどうかに直接影響する、地味なようで、ものすごく大事な作業です。

 

 

 

 

◎川東・S様邸

 

年末から基礎工事が始まりました。

下の写真は1月4日、新年早々の配筋検査の様子です。

これからコンクリートを流し込む工程に進みます。1月中旬には基礎が完成する予定です。

 

IMG_3065

 

 

 

 

 

◎船木・O様邸(平屋建て)

 

12月15日に地鎮祭を執り行いました。

P1000083

 

 

下の写真は年があけて、1月8日のO様邸の様子。

隣地境界にブロック塀を作る、その基礎工事の様子です。

IMG_3081

 

 

合併浄化槽の設置も完了しています。

1月下旬より建物の基礎工事を開始する予定です。IMG_3082

 

 

 

 

◎元船木・U様邸(平屋建て)

 

まもなく造成工事を行う予定です。

 

 

 

 

アイワホームの近況コーナー

 

◎岸の近況報告

 

10月号の月刊アイワホームで

「超・筋トレが最強のソリューションである」という本について書いたところ、

お客様からの年賀状に、『私も読んでいます』というコメントが!

苦労して続けているブログを読んでくれている人がいて、新年早々うれしい出来事でした。

 

調子に乗って、最近読んで面白かった本を紹介しておきます。

「払ってはいけない 資産を減らす50の悪習慣」。

曰く、

老後に備えて、バリアフリー住宅を買ってはいけない

「あったら便利なもの」は、買ってはいけない

昔の節約の常識を、そのまま使ってはいけない

お金のことを、プロに相談してはいけない

金融機関が勧める投資商品は、買ってはいけない

など、なるほどと思うことが書いてあります。

 

m74342652681_1

 

 

 

 

◎髙瀨の近況報告

 

昨年アイワホームで家を建てた方に、住宅ローン減税の手続きの案内をお送りしています。

住宅ローン減税の手続きについては、

わからないことがありましたら遠慮なくお電話ください。

 

あと確定申告は、イオンモールの出張相談会が、

記入方法なども教えてもらえるので便利です。

ただし混んでいるので、早い目に行くのがオススメです。

 

 

(続く)

 

 

月刊アイワホーム12月号/ 「腕のいい大工は後片付けもカンペキ!」と「アイワホームの基礎はひと味違います!」というお話

2018年12月14日 14:27   Category : 月刊アイワホーム

先日、泊りがけで東京に行った時の話です。

夕食を取ろうとホテルの近くのお寿司屋さん(チェーン店です)に入ったところ、

いきなり俳優の高橋英樹さんと出くわしました。

案内されたカウンター席のとなりのとなりに座っていたのです。

 

目が合った瞬間、思わず「こんにちは!」と挨拶したところ、

「こんにちは!」と笑顔で挨拶を返してくれました。

後援会の関係者あたりと間違えたのかもしれません。

 

寿司屋といってもチェーン店です。意外に庶民的なんだなと好感を持ちました。

あと、顔がめちゃくちゃ大きかったです。

 

 

 

ただいま家づくり進行中!のコーナー

 

 

◎下泉町・K様邸(大きな吹き抜けのあるシンプルモダンの家)

 

永大産業大阪工場の台風被害の影響で、室内建具が納品されずにヤキモキしたK様邸ですが、

11月末に建具がようやく納品され、先週無事に完成いたしました!パチパチパチ!

 

今年の春、農地転用から始まったK様邸の家づくり。

駆け足で振り返ってみたいと思います。

 

今年4月のK様邸の建築予定地。

隣家の方々と境界線を確定するところから家づくりは始まりました。

DSC_2137

 

7月のK様邸。測量や分筆を経て、農地転用の許可が下り、造成工事中です。

IMG_1633

 

8月のK様邸。猛暑の中、上棟です。今年の夏はとにかく暑かったです。

2018-08-21 16.16.15

 

9月のK様邸。外壁工事が終わりました。

IMG_2306

 

そして、12月。無事に完成したK様邸。日差しがすっかり冬の日差しになりました。

P1000009

 

家の中はこんな感じです。キッチンからリビングの方向を撮影しています。

ナチュラルテイストの落ち着いたインテリアです。

P1000058_

 

リビングの上は大きな吹き抜け空間になっています。

梁の間から、アンティーク風のシーリングファンが見えます。

このシーリングファンはK様がご自身で購入されたもので、

取付工事だけさせていただきました。

P1000052_

 

 

 

 

 

◎角野・F様邸(プロヴァンスデザインの注文住宅)

 

先月号で基礎工事の様子をレポートしたF様邸ですが、

上棟、断熱工事、外壁工事、屋根工事と家づくりは順調に進んでいます。

 

下の写真は12月1日のF様邸です。

断熱材の発泡ウレタンフォームがすき間なくきれいに入りました。

2018-12-01 10.26.52

 

外観の様子です。

防水透湿シートと胴縁(どうぶち)の施工が完了しています。

胴縁は外壁材の下地材になるだけでなく、胴縁と胴縁の間の空間が通気層になることで、

壁の中の結露を防ぐ役割も果たしています。

IMG_2714

 

F様邸の屋根です。栄四郎瓦という会社のカパラスという南欧デザイン瓦です。

F様邸では、白、オレンジ、ブラウンの3色を組み合わせています。

IMG_2709

 

 

 

 

 

◎川東・M様邸(モノトーンの2階建て)

 

前回、断熱工事と外壁工事をレポートしたM様邸。

現在は下の写真のように、大工工事が終わり、壁紙を施工する手前の状況です。

 

P1000075

 

フローリングの養生もカンペキです。

作業後の整理整頓と養生の仕方を見れば、大工の腕の良し悪しがわかります。

下手な大工は養生も下手だし、後片付けも適当です。

 

P1000080

 

下の写真はM様邸の神棚と仏壇のスペースです。

収納の上が神棚で、右側の開口が仏壇スペースです。

P1000074_

 

たまに神棚と仏壇の位置について質問をいただくことがあります。

いろんな考え方があり、絶対的な正解はないのですが、

神棚と仏壇を向かい合うように設置したり、

上下に設置したりするのはよくないと言われています。

 

向かい合うように設置すると、片方を拝んでいる時に片方におしりを向けることになりますし、

上下に配置するとどちらに手を合わせているのかあいまいで失礼に当たると言われます。

 

 

 

 

◎角野・T様邸(完全分離型の二世帯住宅)

 

T様邸では、基礎が完成し、土台と床の断熱工事が進んでいます。

12月10日には上棟を行いました(上棟の様子は来月にレポートします)。

 

11月23日のT様邸。

現地WEBカメラからの映像です。給排水工事の様子が写っています。

IMG_2712

 

12月1日のT様邸です。基礎の上にヒノキの土台が載りつつあります。

左下の水色のボードは床下用の断熱材です。

1543626712.223875

 

12月2日午前8時48分のT様邸です。

前日のうちに土台は完成しています。これから断熱材を敷き入れていきます。

1543708104.306364

 

12月2日11時28分。断熱材がきれいに入りました。

断熱材が入っていない部分がありますが、そこはユニットバスのスペースです。

1543717734.356576

 

 

 

 

 

◎中村・K様邸(シンプルモダンの2階建て)

 

12月1日、基礎工事が完了しました。

下の写真は完成したK様邸の基礎です。

 

IMG_2720_

 

K様邸の基礎を題材にアイワホームの基礎工事について、少しだけ紹介したいと思います。

赤丸で囲んだボルトのことを「アンカーボルト」と言います。

建物の基礎と土台をがっちりと緊結する金具です。

 

アンカーボルトの本数や間隔について、実は建築基準法上の決まりはありません。

旧住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)基準が2.7メートル間隔だったので、

1.8メートル~2.7メートルぐらいの間隔で入れている建築会社が多いのですが、

当社は2つの理由から90センチ間隔で入れるようにしています。

 

1つ目の理由は、建物の躯体と基礎をガッチリ固定することで地震に強い建物にすること。

もうひとつは窓のトラブルを避けるためです。

 

木造住宅の土台にはヒノキを使うことが多いのですが、

木材は時間が経つとどうしても多少の反りが発生します。

1.8メートルや2.7メートル間隔だとヒノキの反りを抑えきれずに、

リビングの掃き出し窓などの大きな窓を土台の上に設置した場合、

ごくまれにヒノキのわずかな反りが原因で

窓の開け閉めがスムーズにいかなくなることがあるのです。

 

もう一枚、別の角度から撮ったK様邸の基礎の写真を載せておきます。

たくさんのアンカーボルトが突き出ています。

2018-12-01 07.21.55

 

 

ちなみに当社のアンカーボルトはすべて基礎配筋と固定されています。

基礎コンクリートを流し込んでから、アンカーボルトをずぶずぶ差し込んでいく、

俗に言う「田植え方式」ではないのでご安心ください。

 

 

 

 

◎川東・S様邸

 

解体工事が完了し、いよいよ家づくりが始まります。

12月中旬に仮設工事、12月下旬に基礎工事を予定しています。

下の写真はS様邸の建築予定地です。

 

IMG_2730

 

S様邸の完成予想パースです。

片流れの総二階の建物に、小さな平屋がくっついた形です。平屋部分は和室になります。

pssa

 

 

 

 

◎船木・O様邸(平屋建て)

 

解体工事が完了したO様邸の敷地です。

12月15日に地鎮祭を予定しています。

 

IMG_2661

 

 

 

 

◎元船木・U様邸(平屋建て)

 

11月末に無事に農地転用の許可が下りました。

このあと登記などの事務手続きを経て、来年1月から造成工事を行う予定です。

 

 

 

 

アイワホームの近況コーナー

 

◎岸の近況報告

 

現場が立て込んでいて、バタバタと忙しくさせていただいているのですが、

合間を縫って、家づくりの勉強のために東京へ行ったり、関西に行ったりしています。

出張で幸せに感じることの1つは、往復の飛行機や電車の中で集中して本を読めることです。

 

最近読んだ本でオススメなのは、古川武士という方が書いた「『続ける』習慣」です。

継続するための方法論が具体的に書かれていて、

何をやっても三日坊主という方にはぜひ読んでほしい本です。

同じ著者の「『早起き』の技術」もオススメです。

 

books

 

 

 

◎髙瀨の近況報告

 

O様邸、S様邸、K様邸の建具や壁紙の打ち合わせ、融資関連の書類作りなど、

慌ただしい毎日を過ごしています。

 

 

(続く)

 

 

月刊アイワホーム11月号/ラスティックスタイルのインテリアと1年点検でいただいたうれしいお言葉の巻

2018年11月12日 14:02   Category : 月刊アイワホーム

お客様との打ち合わせに使う間取り図面は、

建築用のCADソフトを使って、自分で作っています。

 

間取りプランを考えること自体は楽しい作業なのですが、

長時間パソコンのモニターを見ることになるので、目がものすごく疲れます。

半日ほどかけて図面を書いた後は、目の奥の筋肉がジーンと痺れたみたいになって、

目のピントがなかなか合わなくなります。

 

そんな時に偶然書店で見かけて、使うようになったのが「温熱アイマスク」です。

一日一回、寝る前に使うと眼精疲労が改善するらしいのですが、

あまりに気持ちが良いので、一日3回、朝と晩と昼休みに使っています。

 

おかげで、疲れ目がなくなったのはもちろん、

老眼も改善し以前より近くが見やすくなりました。オススメです。

 

91M3-lBIU1L_1

 

 

 

 

ただいま家づくり進行中!のコーナー

 

 

◎下泉町・K様邸(大きな吹き抜けのあるシンプルモダンの家)

 

永大産業大阪工場の台風被害の影響で、室内建具がなかなか納品されないK様邸です。

外観は見ての通り、ほぼ完成しています。

 

青い空に黒色の外壁が映えて、なかなかカッコいいかんじです。

2018-10-27 15.27.23

 

別角度からも撮ってみました。手前の人物は左官屋さんです。

土間コンクリートの刷毛引き(はけびき)仕上げをこれから行うところです。

2018-10-27 15.27.50

 

下の2枚の写真は、K様邸の建物内です。

一部の建具が納品されないので、クロス工事が止まってしまっています。

2018-11-03 10.56.43

 

2018-11-03 11.02.26

 

水色とブラウンの素朴な色合いの引き戸が印象的ですが、

これは永大産業のトラディショナルモードというラスティックスタイルの建具です。

どこか懐かしいカフェっぽい雰囲気に仕上がるので、最近人気が出てきています。

 

ちなみにラスティック(RUSTIC)というのは、

「素朴な」とか「飾り気のない」という意味の英語です。

 

永大産業のホームページからトラディショナルモードの写真を借りてきました。

e2a1550f7ecb45234eab23e9fbf6d590

 

 

再びK様邸の家の外に戻ります。左官屋さんが刷毛引き(はけびき)の作業をしています。

 

写真の左下を見てください。

バルコニー用の土間コンクリートから配管が突き出ていますが、

この配管はなんのための配管かわかりますでしょうか?

 

2018-11-03 11.11.22

 

答えはテラス屋根の雨樋用の配管です。

この配管がないと、雨樋からの水がコンクリートの上を流れ、

その部分に苔が生えて、そこだけ汚くなってみっともないので、

ひと手間加えて作るようにしています。

 

(他社さんの現場を見ていると、テラス屋根用の配管を施工していない現場も結構ありますね)

 

ちなみにテラス屋根というのは、こういうものです。

main

 

 

 

 

◎角野・F様邸(プロヴァンスデザインの注文住宅)

 

先月号で地鎮祭の様子をレポートしたF様邸ですが、その後も順調に工事は進んでいます。

 

下の写真は11月6日のF様邸の様子。基礎の上に土台がしっかりと組み上がりました。

2018-11-06 11.19.09

 

 

写真の右の青い板のようなものが床下に入る断熱材です。

そしてトラックの後ろに積み上げられている合板が床の下地材です。

これらの施工が完了次第、棟上げ(上棟)を行います。

 

下の写真は、さや管ヘッダーという給水の仕組みを撮影したものです。

水色の配管が水用、ピンクの配管がお湯用です。

それぞれの管の中に、実際に水やお湯が流れるパイプが入る二重構造になっています。

2018-11-06 11.42.21

 

 

 

 

 

◎川東・M様邸(モノトーンの2階建て)

 

10月3日に上棟式を終えたM様邸。それから1ヵ月、順調に工事が進んでいます。

 

下の写真は10月30日に撮影したM様邸です。

防水シートと胴縁(どうぶち)の施工が完了し、これから外壁材を貼っていきます。

2018-10-30 10.54.44

 

同じ10月30日の写真です。こちらは室内側ですが、

キレイに吹き付け発泡ウレタンフォームの断熱材が施工されています。

2018-10-30 11.29.44

 

下の写真は階段部分です。踏板(ふみいた)が5枚ほど設置されています。

一部、壁の断熱材を覆うように板が取り付けられていますが、

これは階段の手すりを取り付けるための補強材です。

2018-11-05 09.52.39_

 

それから1週間。11月6日の写真です。外壁が完成しました。

2018-11-05 09.36.38

 

 

 

 

 

◎角野・T様邸(完全分離型の二世帯住宅)

 

先月号で地鎮祭の様子を紹介したT様邸ですが、基礎工事まで完了しています。

 

10月23日、基礎の配筋検査が完了しました。

2018-10-23 15.48.32

 

それから1週間、キレイに基礎が立ち上がりました。

2018-10-30 14.52.31

 

 

 

 

 

◎川東・S様邸

 

7月号から掲載が始まったS様邸。

仮住まいなどの関係もあり、7,8,9,10月号と

ずっと予告編のようなレポートが続いていましたが、

ようやく解体工事が始まりました。

 

来月以降、工事のレポートをお届けできると思います。

IMG_2587

 

 

 

 

 

◎元船木・U様邸(平屋建て)

 

11月末に農地転用の承認が下りるので、それまでは特に動きはありません。

 

 

 

 

 

◎船木・O様邸(平屋建て)

 

O様邸の家づくりが始まりました。4人家族の平屋建てです。

下の写真は、O様邸の敷地の様子です。

古い家を解体中です。

2018-11-04 15.28.44

 

O様邸の完成予想図です。最近は本当に平屋の家づくりが多くなってきています。

paas

 

 

 

 

 

◎中村・K様邸(シンプルモダンの2階建て)

 

K様邸の家づくりも始まりました。ちなみにK様は、

先日お引き渡しをした川東のU様からのご紹介で当社にご相談をいただいたお客様です。

 

K様邸の完成予想図です。シンプルモダンの外観が特徴です。

paasa2

 

paas3

 

下の写真はK様邸の建築予定地の現況写真です。左側の四角い家の手前に建てていきます。

IMG_2399

 

 

 

 

 

 

アイワホームの近況コーナー

 

◎岸の近況報告

 

10月末に家づくりの勉強のために東京に行ってきたのですが、

羽田空港でたまたま見かけて買ったのが、

「超・筋トレが最強のソリューションである」という本です。

 

ベストセラーなので、知っている方も多いと思うのですが、

筋トレとプロテインの効果をこれでもかっというぐらいに語っています。

 

著者曰く、

「人生の99%の悩みは筋トレとプロテインで解決します。科学的にみて本当です。」

だそうです。

 

この本の影響で、週3回の筋トレを始めました。

プロテインも飲み始めています。来年の自分が楽しみです。

IMG_2504_1

 

 

 

◎髙瀨の近況報告

 

先月のK様邸に引き続き、垣生のI様邸の1年点検に行ってきました。

今回も大工さんとクロス屋さんを引き連れての訪問でしたが、

特に修繕するところもなく、無事に点検が完了しました。

 

I様に家についてうかがったところ、

「すごく冬あったかいです。実家に帰ると寒くて、この家の暖かさがよくわかります」

という感想が!うれしい瞬間でした。

 

それと、I様も先月のK様と同じで、新しい家族が増えていらっしゃいました。

とても可愛らしかったです。

 

1年前、引き渡し直前のI様邸です。

2017-08-25 09.45.50

 

たっぷりの吹き付け断熱材が暖かさの秘密です!

1

 

 

 

(続く)

 

 

月刊アイワホーム10月号/カビの生えない浴室乾燥法と台風21号の影響でいまだに建具が納品されず頭が痛いというお話

2018年10月22日 15:51   Category : 月刊アイワホーム

今月はいきなりクイズから始まります。

さて、もっともカビの生えない浴室乾燥の方法はどれでしょう?

 

(1)浴室の窓を開けた状態で、浴室の換気扇を回す

(2)浴室の窓を閉めた状態で、浴室の換気扇を回す

(3)換気扇は使わず、浴室の窓を大きく開ける

 

答えは(2)です。この方法がもっともカビの発生しないやり方です。

(1)の方法を採用している方が多いのですが、浴室の窓を開けてしまうと、

風の流れが窓から換気扇口だけになってしまって、

一番カビが繁殖する床面がなかなか乾かないのです。

 

たまに浴室のカビで困っているという話を聞くのですが、

(2)のやり方を実践すると大幅に改善するので、ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

ただいま家づくり進行中!のコーナー

 

 

◎下泉町・K様邸(大きな吹き抜けのあるシンプルモダンの家)

 

K様邸は、外壁工事がほぼ完了し、家の中の大工工事がゆっくり進んでいる状況です。

 

なぜ「ゆっくり」なのか説明すると、

K様邸の室内ドアやクローゼットのドアは永大産業の製品を使うのですが、

永大産業の主力工場である大阪工場が9月4日に上陸した台風21号により、

屋根が吹き飛ぶなどの甚大な被害を受けていて、なかなか生産が始まらないのです。

 

室内ドアや引き戸の製造ラインはようやく再稼働が始まったのですが、

クローゼット用の折り戸のラインがまだ動きません。

そんな理由で、ゆっくり工事を進めるしかないのです。頭の痛い問題です。

 

ほぼ完成したK様邸の外観です。

IMG_2306

 

IMG_2307

 

家の中はこんな感じです。発泡ウレタンフォームの断熱材がきれいに施工されています。

2018-10-08 12.51.46

 

 

 

 

◎川東・U様邸(コンパクトタイプの平屋)

 

7月から始まったU様邸の家づくりですが、少しコンパクトな平屋ということもあり、

ちょうど3ヵ月で完成いたしました。

U様、ありがとうございました!これからもよろしくお願いいたします!

 

下の写真はU様邸のリビングです。

完成見学会用にソファとダイニングテーブルのセットを搬入しています。

※写真の真ん中から少し右あたり、壁にシミのようなものが見えますが、

 これはカメラのレンズの汚れです。

P1030193

 

話は逸れますが、家具がないと暮らしのイメージが湧かないので、

完成見学会の際は観音寺市のプラスコンテントという

旧知のインテリアショップに協力してもらって、家具を入れるようにしています。

 

先日、プラスコンテントのスタッフが

「アイワホームさんに協力しても家具が売れない」と愚痴(ぐち)るので、

搬入する家具に値札を付けたらどうかとアドバイスしたところ、早速売れたみたいです。

愚痴る前に工夫をする、大切なことだと思います。

 

 

 

 

◎角野・F様邸(プロヴァンスデザインの注文住宅)

 

基礎工事が完了したので、地鎮祭の様子から振り返ってみたいと思います。

 

9月27日地鎮祭を執り行いました。

IMG_2291

 

四方祓い中の神主さんです。

IMG_2289

 

地鎮祭終了後、基礎工事に取り掛かり、10月2日に配筋検査を実施しました。

IMG_2336

 

それから1週間後、建物の基礎が完成しました。

基礎からたくさんのボルトが突き出しています。このうち、数の多い短いボルトは

「アンカーボルト」というもので、基礎と土台を緊結するボルトです。

長い方のボルトは、ホールダウン金物用の埋め込みボルトです。

これは基礎と柱を固定するものです。

IMG_2450

 

工事は順調に進行しています。

来月号では上棟の様子を紹介できると思います。

 

 

 

 

◎川東・M様邸(モノトーンの2階建て)

 

先月に基礎工事の様子を紹介したM様邸ですが、10月3日には棟上げ(上棟)を無事に完了しました。

 

下の写真は1階部分を立ち上げている様子です。朝の10時ぐらいです。

2018-10-03 09.20.06

 

屋根材の上にアルミの遮熱シートを丁寧に貼っていきます。

この遮熱シートが、夏、太陽からの強烈な輻射熱をはじき返します。

2018-10-03 10.44.26

 

15時過ぎの様子です。家のカタチになってきました。

2018-10-03 15.12.21

 

17時半ごろ。屋根の下地材も貼り終わりました。

2018-10-03 17.16.14

 

上棟式のラストイベント。大工棟梁による祝詞奏上(のりとそうじょう)です。

2018-10-03 17.40.35

 

 

 

 

◎角野・T様邸(完全分離型の二世帯住宅)

 

分譲地の完了検査も終わり、いよいよ工事が始まります。

工事に先駆けて、10月9日に地鎮祭を執り行いました。

2018-10-09 11.19.49

 

四方祓い中の神主さんです。地鎮祭は20~30分で終わることが多いのですが、

この神主さんは丁寧な方で1時間ぐらいかけて、

工事の安全と家の繁栄を祈願していただきました。ありがたい話です。

2018-10-09 13.22.31

 

 

 

 

◎船木・A様邸(ラ・クーヤBD プロヴァンスバージョン)

 

すでに完成し、お引き渡しも完了したA様邸ですが、

外構工事がいいかんじに進んでいるので紹介しておきます。

ちなみに外構は外構屋さんが工事を進めています。

 

2台分のカーポートです。やはり雨に濡れないのは便利です。

IMG_2445

 

エントランスはこんな感じです。

曲線を活かしたフレンチスタイルのエントランスになる予定です。

IMG_2448

 

 

 

 

◎川東・S様邸(ただいまプラン制作中)

 

仮住まいへの引っ越しを控えていますが、工事という意味では、とくに動きはありません。

 

 

 

 

◎元船木・U様邸(平屋建て)

 

10月12日に農地転用の申請を行いました。11月末に承認が下りるのを待つのみです。

下の写真は10月13日のU様邸の建築予定地です。

IMG_2442

 

 

 

上で紹介した8邸以外に、船木O様邸、中村K様邸、庄内町T様邸の家づくりが控えています。

来月以降、順にレポートしていきたいと思います。

 

 

 

 

アイワホームの近況コーナー

 

◎岸の近況報告

 

肩と腕の痛みに苦しんでいた今年の夏、通っていた整体の先生にこんなことを言われました。

「筋力の衰えが原因。試しに懸垂してみなさい、一回もできないと思いますよ」

 

そんなバカな、と思いつつ何十年ぶりかに懸垂をしてみたら、本当に1回もできませんでした。

はるか昔の高校生時代、15回ぐらいは当たり前にできていたのでショックを受けました。

 

そこで、毎朝、近くの学校のグラウンドで懸垂をすることにしたのですが、

7月に一回もできなかった懸垂が、今月ようやく7回できるようになりました。

今年中に10回を目標にしています。

 

 

 

◎髙瀨の近況報告

 

昨年8月に完成した船木のK様邸の1年点検に行ってきました。

1年点検の際は、その場ですぐに修繕ができるよう、

大工さんとクロス屋さんを連れて訪問することにしているのですが、

K様邸では、建具のちょっとした調整をした以外は、クロスの剥がれなどもなく、

滞りなく1年点検が完了しました。

 

トピックとしては、引き渡しから1年、新しい家族が増えていらっしゃいました。

うれしい気持ちになりました。

 

1年前のK様邸です。

2017-08-01 15.03.14

 

 

(続く)

 

 

月刊アイワホーム9月号/5階層のスキップ構造の家完成!と壁掛けテレビ用の補強と関西からのお問い合わせのお話

2018年09月21日 19:33   Category : 月刊アイワホーム

先日、兵庫県にお住まいの方から、当社のチラシを見たと問い合わせをいただきました。

なぜ兵庫?と一瞬不思議に思ったのですが、

お盆の帰省中に、たまたま実家にあった当社のチラシを見たそうで、

来年新居浜に戻るので、家づくりを検討しているというお話でした。

 

そういえば、今年3月にお引き渡しをした松神子のK様も、

奈良県から新居浜に戻るタイミングでの家づくりでした。

 

いいものをできるだけ安く買いたい関西人の気質に、

アイワホームの家づくりは合っているのかもしれません。

 

来年あたり大阪に営業所を出そうと思います。(ごめんなさい。ウソです)

 

 

 

 

ただいま家づくり進行中!のコーナー

 

◎船木・A様邸(ラ・クーヤBD プロヴァンスバージョン)

 

4月から始まったA様邸の家づくりですが、

先月末8月31日に無事に完成いたしました。パチパチパチ。

 

下の写真は、完成したA様邸です。電柱の後ろに人がいるのがわかるでしょうか?

外構屋さんとA様のご主人がこれから始まる外構工事の打ち合わせをしています。

2018-09-01 10.03.40

 

もう少し遠目からの写真も載せておきます。

屋根の上の太陽光発電パネルがよく見えると思います。

A様邸の太陽光発電パネルは6.7kWです。

これぐらいの大きさがあれば、使用量にもよりますが、電気代はほぼゼロになると思います。

2018-09-01 10.03.55

 

 

さてさて、ここで大切なお知らせです!

今週末の9月22日(土)・23日(日)の13時~17時、A様邸の完成見学会を開催します。

 

外観からはとても想像できない、5層のスキップ構造の住まいです。

2.5階部分の大きなロフトスペースや半地下リビングなど、

工夫次第でいろんな暮らし方ができる住宅です。

予約なしで見学できますので、ぜひご来場ください。

 

見学ご希望の方は、電話:0897-34-1600、

もしくは問い合わせフォーム(http://www.aiwa-home.com/contact.html)からご連絡ください。

現地住所などをお伝えいたします。

 

 

 

 

◎下泉町・K様邸(大きな吹き抜けのあるシンプルモダンの家)

 

先月号の「月刊アイワホーム」で7月後半の基礎配筋の様子を紹介しましたが、

それから1ヵ月半、工事はきわめて順調に進んでいます。

 

下の写真は8月21日の上棟日の様子です。好天に恵まれました。

2018-08-21 16.16.15

 

8月30日には構造検査が完了しました。黒い服を着た男性は調査員の方です。

2018-08-30 09.56.05-1

 

続いて9月3日のK様邸です。建物のまわりにぐるっと防水シートを貼り終えて、

胴縁(どうぶち)を施工しているところです。

胴縁とは建物の外壁の下地材です。

胴縁と胴縁の間に通気層ができることで、高温多湿の日本の気候から建物を守ります。

2018-09-03 11.58.51

 

建物の中はどうなっているかというと、ウレタン吹付の断熱工事が完了しています。

壁の中はもちろん天井まで、家全体をすっぽりと断熱材で包み込みます。

これで断熱性能の高い、冬暖かく、夏涼しい家ができあがります。

2018-09-07 18.10.16

 

 

 

 

◎角野・T様邸(完全分離型の二世帯住宅)

 

分譲地の造成工事が終わり、役所の完了検査を待っている状況です。

新居浜市の建築指導課の職員が完了検査を行うのですが、

職員の多くが台風20号の被害が大きかった西予市や宇和島市に出張している関係で、

いつもより完了検査に時間がかかるようです。

(台風20号による被害に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げます)

 

T様邸の家づくりが始まるのはもう少し先になります。

2018-09-01 07.21.53

 

 

 

 

 

◎川東・U様邸(かわいらしい外観のコンパクトタイプの平屋)

 

先月号で上棟の様子をレポートしたU様邸ですが、

外壁工事も終わり家らしくなってきました。

2018-09-10 16.13.42-1

 

外観だけ見るともうすぐ完成かな?という印象を受ける方もいると思いますが、

家の中では、まだまだ大工工事の真っ最中です。

 

下の写真はU様邸のリビングです。正面の壁は壁掛けテレビ用に補強をしています。

横1メートル×縦70センチの補強があれば、

60インチの液晶テレビを壁掛けにできるのですが、

好きな高さにテレビを設置できるよう広めに補強しています。

2018-08-26 15.48.44

 

下の写真はキッチンの給排水工事の様子。

左から排水用の配管、水道用の配管(水色のさや管)、

お湯用の配管(ピンクのさや管)、食洗器用の配管です。

もうすぐ、この上にシステムキッチンが設置されます。

2018-08-26 15.49.40

 

 

 

 

◎角野・F様邸(プロヴァンスデザインの注文住宅)

 

F様邸の建築予定地です。解体工事が終わり、道路との境界コンクリートも完成しました。

2018-09-05 10.55.59

 

もう一枚、別角度から撮った写真を載せておきます。

駐車場の出入口に電柱があたるため、

四国電力に依頼して、写真右奥の方へ電柱の移動をしてもらいます。

電柱の移動が終わると、いよいよ基礎工事です。

2018-09-05 10.56.04

 

 

 

 

◎川東・M様邸(モノトーンの2階建て)

 

M様邸の家づくりがようやく始まりました。

 

まず下の写真を見てください。8月22日のM様邸の敷地です。

地面の上に赤い糸が張られています(かなり見えづらいですが)。

これは配置用糸張りといって、建物の位置を示すものです。

2018-08-22 14.44.20

 

この状態でお客様といっしょに建物位置の最終確認を行います。

事前に何度も図面上で打ち合わせをしているのですが、

実際に現地で見てみて、

「もう少しこっちに」という具合に建物位置をずらすことは少なくありません。

M様邸も車の出入りのことを考えて、1メートルほどずらすことになりました。

 

3週間後、9月15日のM様邸の様子です。基礎の配筋が完了しました。

この後、配筋検査を受けて、それからコンクリートの打設へと進んでいきます。

2018-09-15 09.06.33

 

 

 

 

◎川東・S様邸(ただいまプラン制作中)

 

S様邸の家づくりですが、まだ工事は始まっていません。

まもなく仮住まいへの引っ越しなので、それが終わってから解体工事という流れです。

 

(おまけ)S様邸の近隣の写真です。いつのまにか前面道路が舗装されました。

2018-08-19 14.56.27

 

 

 

 

◎元船木・U様邸(平屋建て)

 

月刊アイワホーム初登場!U様との家づくりが始まりました。

始まったといっても農地転用から始まる家づくりなので、

実際に建築工事が始まるのは来年の1月以降になります。

 

下の写真は、U様邸の建築予定地です。

測量と分筆が完了し、これから農地転用の申請手続きに入ります。

2018-08-29 13.46.55

 

 

 

 

 

アイワホームの近況コーナー

 

◎岸の近況報告

 

新型のCR-Vがホンダから発売されました。

仕事柄、造成前の凸凹の土地に車を入れることも多く、

ロードクリアランス(最低地上高)が30センチ以上もあるCR-Vが便利で、

長いこと乗っていたのですが、昨年5月に壊れてしまい、

仕方なく同じホンダのヴェゼルに乗り換えた経緯があります。

 

本当はCR-Vを買いたかったのですが、

2016年で生産終了になっていて、買いたくても買えなかったのです。

それから1年と少し、今ごろになってCR-V復活です。

ヴェゼルには申し訳ないですが、ショックです。。。

pic_photos_01

 

話は変わりますが、「僕のワンダフルライフ」という映画はご存知でしょうか?

ネタバレするので詳しくは書きませんが、おすすめです!

感動します!

poster

 

 

 

◎髙瀨の近況報告

 

たくさんの家づくりが進行していて、

内装の打ち合わせ、照明の打ち合わせ、カーテンの打ち合わせなど、

忙しくさせていただいています。

 

(続く)

 

月刊アイワホーム8月号/平屋の上棟と表面波探査法での地盤調査とエアコンのスリムダクトのお話

2018年08月23日 22:23   Category : 月刊アイワホーム

あれだけ苦しめられた肩の痛みもすっかり治り、

現在は進行する老眼を少しでもくい止めようと

朝夕のホットパックやガボールパッチなどの対策に取り組んでいます。

 

とはいえ、そのあたりのお話は来月以降にするとして、

今回はエアコン室外機の配管ホースについて、少しだけ書きたいと思います。

 

みなさんのご自宅のエアコンですが、

室内機と室外機をつなぐホースは下の写真のどちらのタイプでしょうか?

 

aiwa180801

 

左の写真は、エアコン用の非粘着テープでぐるぐる巻きにしたもの

右の写真は、スリムダクトでカバーしたもの

 

見た目も、耐久性も、冷暖房の効果も、あらゆる点でスリムダクトの方が優れています。

ぐるぐる巻きの方は紫外線の影響で、5年ほどでテープがボロボロになり、

非常に見苦しいかんじになってしまいます。

 

最近はどこの電気量販店もエアコンの標準取付工事は無料ですが、

スリムダクトを追加費用なしで付けてくれる量販店と、

スリムダクトは有料オプションの量販店があります。

値札の金額だけで判断せず、ホースの仕上げについても確認するようにしましょう。

 

あと引っ越し屋さんにエアコンの移設を依頼する時も要確認です。

こちらはぐるぐる巻きで済ます業者さんが多いようです。

 

 

 

 

ただいま家づくり進行中!のコーナー

 

◎船木・A様邸(ラ・クーヤBD プロヴァンスバージョン)

 

8月10日に大工工事が完了し、お盆明けの17日からクロス工事が始まりました。

完成は8月31日の予定です。

 

先月号で、経済産業省の審査が遅いと嘆いていた太陽光発電ですが、

8月9日にようやく許可が下りてきました。

通常2カ月で終わる審査が、年度末の駆け込み申請の影響で4ヵ月もかかりました。

24日から設置工事を行いますが、建物の完成が31日なので、まさにギリギリのタイミング。

もう少しテキパキと進めてもらいたいものです。

 

ちなみに、なぜ年度末に駆け込み申請が殺到するかというと、

売電価格(電力会社の買取価格)が新年度になるたびに下がるからです。

 

ぼやくのはここまでにして、A様邸のレポートをはじめましょう。

下の写真は8月2日のA様邸の様子です。1階のダイニングから撮影しています。

 

左下は半地下のリビング。その上の横長の窓は中2階の足元に設置した窓です。

この窓は、はめごろしではなく、ちゃんと開きます。

とはいえ、前方に15度しか開かないので、

小さな子どもが落下したり、という心配はありません。

2018-08-02 15.27.36

 

次の写真は、上の写真の翌日(8/3)のA様邸の半地下リビングです。

梁と手前の柱の塗装が終わりました。

完成に向けて着実に進行中です。

2018-08-03 14.43.00

 

 

 

 

◎泉川・H様邸(ラ・クーヤ+平屋の二世帯住宅)

 

先月末に完成したH様邸。家の中の様子を少しだけ紹介します。

 

まずは、キッチンのカウンターに造作したニッチ。

奥様のリクエストにあわせて、大工が作りました。かわいらしい色使いになっています。

2018-07-29 06.11.11 

 

次はシステムキッチンの立ち上がりに作った収納スペース。

お風呂の窓枠などに使う防水性能の高い素材で造作しています。

2018-07-29 14.35.22

 

続いて半地下のリビングルームです。家具は見学会用に当社が持ち込んだものです。

2018-07-27 14.50.23

 

中3階のロフトの壁紙は「ワンピース」です。

2018-07-27 10.09.58

 

 

 

 

◎下泉町・K様邸(大きな吹き抜けのあるシンプルモダンの家)

 

7月中旬に造成工事が完了し、8月3日から基礎工事が始まりました。

 

下の写真は7月21日、造成工事完了後に、地盤調査をしている様子です。

当社は、スウェーデン式サウンディング方式ではなく、表面波探査法を採用しています。

後者の方がより正確な地耐力を測定できます。

地盤調査:表面波探査 (1)

 

写真の右の方に写っている炊飯器のオバケみたいな装置(起振機)が地面を振動させ、

その奥にある2つの小さな検出器が振動の伝わる速さを測定します。

堅い地盤は振動が速く伝わり、やわらかい地盤はゆっくり伝わります。

さまざまな周波数の振動を測定することで、地面の下の様子が正確にわかります。

 

8月3日、基礎工事の第一歩「掘り方(ほりかた)」が始まりました。

掘り方とは、建物の基礎を作るために土地を掘削(くっさく)して、

高低差をつける作業のことです。パワーショベルを使って、

基礎を作るエリアの土を、周りから中心に向かって掘り出していきます。

2018-08-04 10.30.06

 

上から見ると作業内容がよくわかります。現地のWEBカメラの画像です。

2018-08-03 17.24.53

 

2日間の掘削作業を終え、掘り方が終わりました。

この後、いよいよ基礎を作っていきます。

IMG_1869

 

上の写真から4日後の様子です。基礎配筋まで完了しました。

好天にも恵まれ、工事はハイペースで進んでいきます。

2018-08-08 08.10.04

 

 

 

 

◎角野・T様邸(完全分離型の二世帯住宅)

 

雨のせいで滞っていた造成作業が進行中です。

T様邸の建築予定地は開発分譲地の1区画なので、

造成工事は当社ではなく、ディベロッパーさんが行っています。

8月末には造成が終わるので、9月からいよいよ当社での建築工事が始まります。

 

下の写真は、7月末のT様邸の建築予定地の様子です。

T様の宅地自体の造成はほぼ完了してますが、

こういったまとまった区画の開発分譲地は、

開発道路(位置指定道路)の造成と許可にすごく時間がかかります。

2018-07-27 09.35.21

 

 

 

 

◎川東・U様邸(かわいらしい外観のコンパクトタイプの平屋)

 

先月号に地鎮祭の写真を掲載しましたが、

それから1ヵ月、基礎工事から上棟まで、工事は一気に進みました。

 

まずは7月24日のWEBカメラの映像です。基礎が出来上がっています。

2018-07-24 09.45.59

 

翌25日、給水給湯の配管工事が進んでいます。

ピンクの管(さや管といいます)が給湯用、水色のさや管が給水用です。

さや管の中に実際に水が流れる給水管と給湯管が入る二重構造になっています。

 

2018-07-25 11.14.20

 

昔は銅管や鉄管、塩ビ管をいくつも継いで配管をしていました。

継ぎ手が多いため、手間もかかるし、年月が経つと漏水も起こりました。

さや管になって、継ぎ手がなくなり、手間も漏水も格段に減りました。

建築の世界も進化しています。

 

26日には、土台が敷き終わりました。

きれいなマス目になっていて、碁でも打てそうです。

 

2018-07-26 11.12.55

 

基礎用の断熱材が各マス目にキッチリ入りました。

 

2018-07-26 14.56.42

 

27日。断熱材の上に下地用合板を貼っていきます。

これで上棟の下準備がほぼ完了です。

 

2018-07-27 08.34.18

 

 

ここからは恒例の上棟レポートです。

7月30日。朝8時、上棟スタート!

 

上棟開始

 

上棟開始から1時間半で、柱、梁(はり)、桁(けた)が組み上がりました。

 

2018-07-30 10.15.10

 

1時間後、天井の構造用合板を貼り終え、その上から遮熱シートを貼っていきます。

 

2018-07-30 10.26.05

 

お昼休み後の14時、小屋束が組み上がりました。

 

2018-07-30 14.41.27

 

16時20分、屋根の下地を貼り終わりました。

この後、防水用のアスファルトルーフィング材を敷き詰めて、無事に上棟完了となりました。

 

2018-07-30 16.19.41

 

 

 

 

◎角野・F様邸(プロヴァンスデザインの注文住宅)

 

建物の解体工事が終わりました。

これから道路との境界に残っている壁(写真左側の20センチぐらいのブロック)を撤去して、

その後電柱の移動も行います。

家づくりが始まるまでには、もう少し時間がかかりそうです。

2018-07-23 09.35.21

 

 

 

 

◎川東・M様邸(モノトーンの2階建て)

 

M様ご家族との家づくりですが、

床・建具など内装の打ち合わせなどは進んでいるのですが、

建物そのものの工事はまだ取り掛かっていない状態です。

家づくりのレポートは来月以降のスタートとなります。

乞うご期待ください。

 

M様邸の敷地の様子です(先月と同じ写真です)

IMG_1652

 

 

 

 

◎川東・S様邸(ただいまプラン制作中)

 

S様ご家族との家づくりも、M様同様に、

プラン作りと内装関係の打ち合わせは進んでいますが、工事の進捗はまだありません。

なので、レポートは次回以降となります。

 

 

 

 

 

アイワホームの近況コーナー

 

◎岸の近況報告

 

先日、8年前に新築したお客様から「家が停電した」という電話がありました。

突然、分電盤の漏電ブレーカーが落ちたようなのです。

 

あわてて、電気工事屋さんといっしょに点検に行ったところ、

原因は太陽光発電のパワーコントローラー(パワコン)の故障でした。

 

パワコンは電気の直流/交流を変換する機械です。

家庭用の電気は交流で、太陽光パネルで発電される電気は直流です。

パワコンの故障で直流の電気がそのまま分電盤に流れ込んできたのが、停電の原因でした。

 

最終的にパワコンの交換で一件落着となり、

パワコンの保証期間が10年だったので、お客様に費用負担もありませんでした。

電化製品に故障は付き物ですが、酷暑の盛りに故障するのはカンベンしてほしいです。

 

 

 

◎髙瀨の近況報告

 

イオンモールのワイン売場で、よくワインを買うのですが、

いつごろからかソムリエの女性が常駐(?)するようになり、

おすすめのワインを紹介してくれるようになりました。

毎回1000円ぐらいの予算で、世界中のいろんなワインを楽しんでいます。

 

 

aeonliquor11

 

 

(続く)

 

アイワホームの施工事例

資料請求